かーカ

カペーナ門 Porta Capena





カペーナ門はセルウィウスの壁に開いていた門のひとつ。

セルウィウスの壁も多くは残されていない中、いくつかの門は現在も残されているが

このカペーナ門は残されていない。

 

カペーナ門は紀元前312年につくられたアッピア街道とラティーナ街道の起点である。

カペーナの名は、当初アッピア街道がカプアという街まで建設されたので、

Capuaに由来するとされている。

アッピア街道が建設される前まではこの一帯が水の湧く地帯であったことから

 泉の女神の名をとって、カメーナ門と呼ばれていたとされる。

今日でもチルコ・マッシモからカラカッラ浴場に続く道に平行して

ヴァッレ・デッレ・カメーネ通りがある。

 








著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト